看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

看護師転職サイトを比較して就職に有利な企業探しをしよう

転職が決まったら退職の手続きを進めていこう

看護師の方で無事に転職が決まったら次は退職の手続きを進めていかなくてはなりません。 この退職にもマナーがいくつかあり、これらのマナーをきちんと守ることによって円満退社につなげることができるようになります。 これまでお世話になった勤務先を去る時にはスムーズに、そして跡を濁さないように誠意のある振る舞いを心がけることが大切です。

●余裕をもって退職の申し出を
転職を行うことを心に決めたら、今働いている職場に退職の申し出を行う必要があります。それぞれの病院ごとによって内規が定められているかと思います。それに沿ってなるべく早めに退職を行う旨を伝えておくようにしましょう。なお、周囲の人たちに退職を行う旨を伝えるのではなくまずはじめに上司の耳に入るようにするのは退職のマナーのひとつです。 退職の申し出をに余裕を持たせなくてはならない理由として、残務処理や引き継ぎなどの問題があります。ですので、退職の1週間前に申し出を行っても遅いですね。少なくとも2、3ヶ月前には上司に申し出を行っておくようにしましょう。

●有休の消化について
転職を行う際に、退職をするまでに有給休暇が残っていると 使わないともったいないという気持ちが芽生えてくるのは当然のこと。そして法律的にも消化することは認められています。ですので、有給休暇をうまく使うことも前提に退職のスケジュールを立てていくのが理想的です。とはいえ、一方的に有給休暇を使ってしまうと引き継ぎなどがうまくいかなくなる場合も考えられますので、周囲に迷惑をかけないように配慮していくことが大切です。当然のことですが、有給の間は他の病院に入職することはできませんので注意しましょう。

●誠意を持って対応する
転職によって今の職場を退職する際に周囲の人たちから声をかけられることがあるでしょう。そのようなときには誠意を持った対応を行うようにしましょう。お世話になった人々はもちろんのこと、一緒に苦労をした同僚の人達にも誠意を持った対応をすることによって円満退社を築き上げていくことができます。

トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ