看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

看護師と准看護師の役割の違いについて

正看護師と准看護師の違いとは?

看護師と一言に言っても、実は大まかにして2種の看護師に分類されます。 一つは正看護師、もう一つが准看護師になります。 病院内に存在する看護師は、必ず、このどちらかの看護師資格を有している事になりますが、入院患者や外来患者がその違いに気づくことはほとんどありません。 しかし、正看護師と准看護師には明確な違いがあります。

正看護師と言うのは、そのままに正式な看護師資格を有している看護師ということになります。 国家試験を突破し、看護師としての認定を受けた人間が得ることの出来る資格になります。 看護師として行う事の出来る全ての業務が可能になります。 対して准看護師と言うのは、文字通り准じる看護師ということになります。 いうなれば、看護師に準じる立場という意味合いもありますので、実際には業務を行っていく中では明確な違いはありませんし、長年、准看護師として働いている人の方が戦力という点では優っていることも多々あります。 ただ、職場によっては、業務においてある程度の制限がなされる事があったり、看護師の中では一人前と言うイメージが持たれなかったり、ということはあります。

また、正看護師と准看護師には立場的な違いだけではなく、明確な価値としての違いがあります。 個々人の価値を測る基準として、給料などが明確な指針になることもありますが、正看護師と准看護師では、その違いは明らかな差が開いています。 准看護師は正看護師と比較すれば、資格取得までの期間が短く、比較的取得しやすい資格になり、その分、資格としての価値も低く見られることになります。 そのため、給与と言う部分においても、正看護師より安い給料になります。

ほとんど業務に関しての違いはあるようには見えませんが、その資格の違いで収入が異なるのですから、准看護師を経て正看護師としての資格を目指す方も多くいます。 准看護師ではいけないと言うことはありませんが、やはり准看護師の資格としての意味や立場を考えれば、正看護師を目指すのが妥当であるでしょう。 看護師に準じる存在ではなく、正式な看護師として働くことで得られる経験は多くあります。
トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ