看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

看護師の志望動機の受け答え(自己PR,志望動機)について

看護師の就職及び転職時の面接(自己PR,志望動機理由)について

転職をするに当たって、最大の関門となるのが面接です。 経歴や学歴など華々しいものを書き綴っても、面接一つで全てが台無しになることも少なくはありません。 何より、面接において重要になるのが志望動機になります。 その病院を何故選んだのか、そこで働こうと思い至ったものは何かが重要なポイントになります。

面接においての志望動機と言うのは、軽く考えられがちですが、実は大きな意味を持っています。 病院も一つの経営企業になります。 医療機関という施設ですが、そこで働くスタッフの給与など実に多くの費用が必要になります。 言葉は悪くなりますが、慈善事業で病院を経営しているわけではありません。 企業である以上、経営に関しての理念が存在し、その理念に共感し、企業である病院に対して利益をもたらす人材を必要とします。

面接での志望動機は、この人材の選別のための質問であるとも言えるでしょう。 いかに有能な人材であっても、自分の病院の理念に沿わない人間を迎えることは、後々、何かしらの禍根を残す可能性もあり、人間関係の悪化など職場の環境が悪くなる可能性もあります。 そうした不安要素を選別するため、志望動機が問われる事が多くあります。

面接での志望動機で考えなければならないのは、何故、その病院を選んだのかになります。 昨今では病院もインターネット以上に公式サイトを持っていることが多く、病院の経営理念や医療に関しての考えなどが掲載されていることも多くあります。 これらに目を通し、自分の考える医療やこれからの医療に関しての考えと言うものをしっかりと持っておくことが重要です。 その上で、経営理念に共感を覚えたと言った内容の志望動機を考えれば、病院側にとっても病院にメリットのある人材であると前向きに捕らえてもらうことも出来るようになります。 また、自分の目指す看護師という姿についても考えておくほうがいいでしょう。 病院の経営理念、医療観念を経て、自分の求める看護師像に近づくことが出来るというのも、立派な志望動機になります。
トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ