看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

看護師転職の際面接注意点について調べてみました。

看護師転職の際に行う面接での注意点

転職は簡単に出来るものではありません。 転職を行なうためには、まず、自分が転職先で役立つ人材であると言うことを転職先へ示す必要があります。 そのために面接があります。 この面接で、自分がどれほど有用であり、自分が働くことでどれだけのメリットがあるのかと言う事を考えさせることが出来れば、転職も有利に進めることが出来るようになります。

面接を行なうためにはいくつかの注意点があります。 漠然と質問の答える形では、自分の有用性を示すことは難しいでしょう。 第一に自分の持つ資格をしっかりとアピールすることにあります。 転職を考えている方の殆どは、看護師として使うことの出来る資格を取得していることが多くあります。 例えば、認定看護師や専門看護師、呼吸療法認定士やケアマネージャーなどの資格のことです。 転職後、どの診療科に配置になるかは分かりませんが、資格がある事でどの診療科でもある程度は対応する事が出来ると判断されることは多くなります。

また、転職面接で自分が有利に就職するためには、自分の待遇に関しての条件の話し合いも必要になります。 昨今、転職に関してのアンケートなどでは、求人内容と実際に働いた際の待遇に違いがあり、転職に失敗したと感じている方が、転職者の全体50%程度にもなっていると言うアンケート結果もあります。 こうした問題は今に始まったことではありませんが、やはり、表面化した事で自分の意見をきちんと相手に伝えることの必要性が伺えます。 そのため、転職面接の際には、雇用に関しての条件などを詰め、双方合意した条件を書面にしておくことが必要になります。 口約束はないも同然ですから、書面として残しておくことで、後々抗議することも可能になります。

なかなか自分では口に出すことが難しい問題ではありますが、転職サイトのアドバイザーなどを活用し、自分に有利に転職が出来るようにすると言う事も出来ます。 自分だけで全てを行なうのではなく、利用できるサービスを最大限活用し、自分の手間を最小限にして転職活動を行なう事が必要です。
トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ