看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

看護師転職の際円満退社する方法について調べてみた

看護師が円満退社するために

結婚や出産、転職などで退職をする方も多いですが、後々の事を考え、きちんと職場に挨拶をした上で退職をするのが、最も望ましい退職の仕方であると言えます。 単純に退職をすれば、元の職場と縁が切れるということではありません。 結婚や出産にせよ、転職にせよ、元の職場との関係はどこで繋がるか分からないのが人生でもあります。

円満に退職をする理由にはいくつかありますが、その一つが復職の可能性になります。 結婚、出産の場合、育児が一段落した後に復職をすると言うケースも多く、その場合には、元の職場との関わりが切れてしまうのはデメリットでしかありません。 また、転職をする場合においても、看護師という職業は広いようで狭い業界になりますので、元の職場との連携が取れている方が何かと利点も多くなります。 先輩や上司との連携が取れる状態にしておけば、相談などもしやすくなり、転職先などでも落ち着いて仕事をする事が出来るようになるでしょう。

職場を円満に退職するためには、最後まで襟を正して業務に当たると言うことが最も確実な方法になります。 退職をするからと気の抜けた仕事をしていれば、どこかでミスが起こってしまったり、退職後の引継ぎも十分なものではなくなります。 自分が担当していた患者や業務に関しての引継ぎや、退職までの仕事をきちんと行い、退職時には同僚や先輩、後輩、上司を含め、病院内のスタッフへの挨拶をしっかりと行なう事が円満退職に必要な要素です。

通常の常識で考えれば、転職の1ヶ月程度前には退職の意思を伝えている事になりますから、引継ぎに関しても、おそらくは問題なく行なう事が出来るでしょう。 仕事に関しても、退職に備えての業務に移ってくるようになるはずですから、そういった意味では、自分が退職した後も業務がスムーズに運ぶように立ち回る必要があります。 通常業務とは違い、神経を使うことも増えるかもしれませんが、それは、後々の自分のためでもあると言うことを自覚しておけば、然したる苦労と感じることもなくなります。
トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ