看護師・准看護師の就職・転職支援サイト

面接方法がわからない方必見

看護師・准看護士 面接する時のポイントついて

面接を受ける上で基本的に採用担当者に好感をもってもらうため前向きな姿勢をアピールするといいでしょう。いくらいい資格や経歴があってもこの人ととうまくやってやっていけそうにないと判断されたらそれまでです。あなたがどのように役に立てるか明確にはっきりと発言しましょう 嘘をつくと突っ込まれたときにボロがでる可能性があるので、できるだけ素直に答えるようにしましょう。

面接の進行の仕方

1.面接会場に行くために
予め面接する場所は、頭に叩き込むようにしましょう。遅刻などしたら印象が悪くなるだけです。余裕を持った時間にでましょう。原則として面接会場に着くのは、10分前が基本です。 訪問したら名前をはっきりと伝えて採用担当者が来るのを待ちましょう。

2.自己PR
履歴書や職務経歴書の内容に沿って自己PRと経歴紹介しましょう。ポイントを絞ってできだけ簡潔に転職理由などの志望動機をいいましょう。採用担当者が聞いたことは、質問してくるのでそのときに詳しく説明すればいいでしょう。

3.採用担当者から質問があった場合
自己PRや経歴を聞いた後か途中に、採用担当が質問があるかと思います。すぐに切り返しができるか、コミュニケーション力が問われます。自信を持って素直に回答できるようにしましょう。 少なからず自己PRや職務経歴で話した内容に関しては必ず突っ込まれるものと思っていくつか答えを用意して切り返せるように心がけましょう。

4.応募者からの質問
採用担当者から『何か質問はありませんか?』と聞かれた場合は、『なにもありません』とは、言わないようにしましょう。事前にいくつか質問案を用意しておくようにしましょう。 ただし事前に用意した質問案だとマニュアルみたいに不自然になりがちです。自然な感じに質問できるように心掛けましょう。
トップページに戻る



看護師人気の転職サイト

各転職サイトの特徴がわかる

求人・転職サイト利用前に

履歴書・面接・志望動機

お役立ちコンテンツ